太陽と吹雪

967287eb.jpg

週末は台風の影響が強そうなので、早々に期日前投票を行ってきました。
マスコミは「政権選択選挙」と煽っていますが、私は「政策選択選挙」だと思っています。
というか、政権にはほどほどの勝ち程度に留めておかないと、国民の生活は苦しくなるばかりのように思っています。
会議室には、投票者が次々と訪れていました。

91b948a5.jpg

a188c883.jpg

a7873b9c.jpg

白馬から延々と6時間走って、浜名湖の畔に来ました。
夜0時まで営業しているとネットには書いてありましたが、明かりを見るまでは心配でした。
到着は11時過ぎ。
静岡県民に愛されているというハンバーグチェーン店に到着です。
細江本店を選んだのは一番西側だったからというだけで、まずはビギナーらしく初体験を楽しみましょう。
 
「げんこつおにぎりフェアーをやっています。」と言われても「なんだそりゃ?」という感じ。
静岡県民には通じるのでしょう。
よくよくメニューを見てみると、ハンバーグは250gのげんこつ、200gのおにぎりが、お客さんの目の前で2つに割ってくれるもののよう。
その他に170gのハンバーグが続くようです。
ということで、げんこつハンバーグのセットになった「げんこつ倶楽部」と「チーズハンバーグ」のセットにしてみました。
赤身を残すように焼いてあるそうですが、ハンバーグというよりは肉を食っているという感じです。
ソースは2種類ですが、そういうシンプルさも良いです。
ここは、また立ち寄りたいです♪

be116560.jpg

d3cd7cf5.jpg

ad33629b.jpg

今年の冬は休業という噂のある白馬さのさかを覗きに来ました。
まだ下草も刈られておらず放置状態。
白馬には7つのゲレンデがあったのですが、どんどんと数が減ってしまうのは寂しい限りです。
白馬に来る途中のヤナバなども閉じているのを見ると、ここが日本有数のスキーエリアなのだろうかと思ってしまいます。
 
白馬のゲレンデは、ほとんどが尾根と谷を組み合わせたコースレイアウトなので強風のときにはイチコロで運休になってしまうのですが、風に強いのがさのさか。
そういう意味でも、是非とも生き延びて欲しいゲレンデです。

9b737582.jpg

夜9時くらいから延々と15時間くらい寝てしまいました。
途中で起きたのですが、雨音にめげてしまい、二度寝、三度寝。(笑)
天気は一段と悪いので、すっかりやる気無し。
天気が悪いとどうしようもないですね。

313369cd.jpg

84173015.jpg

5ヶ月ぶりのおおしもです。
やっぱりカツカレーは外せません。
もう一つはちょっと悩みましたが、醤油ラーメンにしました。

カツカレーはいつもの通りに揚げ立てのカリカリ。
食べる直前までは注意しているのですが、あまりに熱々なので上顎を焼いてしまいます。
今回もやらかしてしまいました。
醤油ラーメンは、少し甘めのラーメンです。
普通の昔ながらのラーメンですが、最近はこのようなラーメンになかなか出会えないラーメンです。
つい食べてしまったのが運の尽き。
この味を知ってしまったら、頼まずにはいられません。

5b290737.jpg

58af5853.jpg

駐車場から見たときに、何か違和感は感じました。
露天風呂に入って気がつきました。
木が植わっています。
まあ、正面のホテルから距離はあるとはいえ、丸見えですからね。
地元の人たちの評判だと、最近、みみずくの湯に限らず、八方温泉の湯の温度が下がっているとのこと。
それもあって、利用者が減っているそうです。

2193f160.jpg

6d75fa52.jpg

下を少しブラブラ。
微妙に身体を動かし足りません。(笑)
冬の雪に覆われた五竜からは想像できません。
白馬界隈の各ゲレンデは、夏シーズンもいろいろなことをやり始めています。

c3e4a293.jpg

1cea6529.jpg

これより下山です。
いつもそうですが、ゴンドラに乗って降り始めるとガスは抜けるんですよね。
五竜の紅葉も見納めです。
いつ乗ってもゴンドラは楽しいです。

a7476943.jpg

26c4bf05.jpg

建物の中は暖かいです♪
凍えるほどの寒さではないので、ソフトクリームとアイスカフェラテを頼みました。
しかし、アルプス360はキノコのメニューだらけになっていますね。
ベーグルが美味しそうだったのですが、お昼を食べて時間もあまり経っていないので今回はパス。
冬になったら食べてみましょう。

bc4d4492.jpg

3e7a982e.jpg

5470dc60.jpg

同じ道を下っても仕方ないので、地蔵の沼の方に下っています。
なかなか良い紅葉ですが、ガスが降りてきてしまいました。
天気に恵まれないのが残念ですが、このあとはどんどんと悪くなる予定なので仕方ありません。

d4023adf.jpg

とりあえず風切地蔵まで上がってきました。
わずかな距離ですが、微妙な達成感は味わえます。(笑)
もうだいぶ時間が遅いので、小遠見まではギリギリになるので行きません。
今日はけっこう体調が良いんですけどね♪

7c0b42bd.jpg

リフトの掛かる位置を引き上げていました。
静かな山の中にカンカンと音が響いています。
冬はもうすぐなのだなぁと感じさせられます。

151ba06c.jpg

dd881c20.jpg

晴れたときには、下の写真のような感じになるそうです。
今日は雲が低く降りていて、自分たちの視界さえも遮られるくらいなので残念な感じにしかなりませんね。
上にあがる気力もなく、遠くからですが「白馬五竜岳」と書かれています。
ここは白馬五竜岳ではありません。(笑)

3b6bd167.jpg

348b23bf.jpg

普段はアルプス第1で登ってしまうので、リフトの反対側の方を歩いてみました。
工事をやっているのを見たことはあるのですが、こんなことになっていたんですね。
白馬五竜池という名前だそうです。
池の中にはヤマメがたくさん泳いでいました。
ゆっくり見ることが出来るものでもないので、美しいです。

d0590edc.jpg

コーヒーを忘れてしまったので、今日は味噌汁。
麓でも11°だったくらいなので、なかなか沸きません。
作った途端、どんどんと冷えていきます。
食べ終わった頃には、かなり冷えていました。
登った翌々日には白馬に雪が降ったそうです。

d953caf7.jpg

9b56b300.jpg

082f7c45.jpg

毎年、この枯れかけの高山植物園を見るたびに、もっと花の季節に見に来ればよかったと反省します。
それでも、わずかに残っている花を拾い集めて写真を撮りました。
こうして見るとそれなりですが、実際にはかなり枯れています。

cf9d7205.jpg

紅葉は過去最高の美しさかもしれません♪
高いところは紅葉で、下部はみどりのまま。
中間地点はグラデーションになっていて美しい♪
この時期だけのカラフルな山です。

e4a9928d.jpg

3ab10056.jpg

例年通りの秋の白馬五竜です。
もうちょっと早く来たいと毎年言っていますが、今年も遅かったです。
アルプス第1ペアも今シーズンは終了。
琵琶湖畔を出発するのが遅かったので、早朝着いたこともあり、今日はダラダラ歩いて終わる予定です。

af1a6dbd.jpg

夢見坂を上ってくるときに開いているのを確認したので、帰りに立ち寄りました。
近くに貸し着物屋さんがあるためか、着物を着た外国人がいっぱいいます。
インスタ映えは日本だけの流行ではないようで、カラフルなくくり猿を写しに次ぐ次と外国人たちがやってきます。
最近、ちょっと落ち着いて参拝できていません。

831b14e9.jpg

本当は豆腐を頂きに来たのですが、昼過ぎですでに品切れとのこと。
グルグル回ってひと休みしたかったので、仕方なしにイチゴのかき氷を頂きました。
まさか10月にかき氷を食べることになるとは思いませんでした。
クオリティはあまり高くはありません。

397fb4f3.jpg

奥の院も、改修前の雰囲気に戻ってきています。
普段なら沢山の人がやってきて写真を撮っているのですが、やはり清水の舞台がある本堂が工事中で覆い屋に囲まれているためか空いていました。
はるばるやってきてあの工事中は寂しいでしょうね。

f9ffd7bf.jpg

阿弥陀堂の御朱印は、阿弥陀堂の横でないと頂くことができません。
ときどきは昼間に来ないとダメですね。
多国籍軍に負けるわけにはいきません。
 
ということで、今日は阿弥陀堂の御朱印を頂きました。
丁寧だけれども、踊るような筆遣いは美しかったです。
頂いて嬉しくなる御朱印です。

f3a35f6a.jpg

一般的に多い形状としては本殿の前に拝殿があって、拝殿越しに参拝をするのですが、地主神社さんは敷地の狭さもあって本殿に直接参拝をします。
なぜか後ろに拝殿。
拝殿と言っても、事実上は御札等の授与所になっています。
今まで気がつかなかったのですが、拝殿の天井には見事な龍が描かれているんですね。
ガイドなどに頼らず歩き回っているので、何年か経って気がつくことも多いです。(笑)

14e29559.jpg

水かけ地蔵さんも久しぶりです。
境内の土の中に埋まっていたお地蔵様ということで、原型は留めていません。
このようになったお地蔵様を、「長い間修行を積んだ」と表現する日本は美しいなぁと思います。 

9d2b4ff0.jpg

久しぶりに人形祓いもしました。
人形に願い事や自分の名前などを記入し、息を三度吹きかけて水に浮かべます。
なかなか水に落ちていかないときもあるのですが、今日は2人ともすんなりと落ちてくれてひと安心でした。

705dcb8a.jpg

5372755e.jpg

5年か6年ぶりの地主神社です。
経営者をしていた頃には、頻繁に縁結びと悪縁切りをお願いしていたのですが、関西に来てからはのんびりやっているので、来たい来たいと思っていたのに久しぶりになってしまいました。
こちらの方が、やっぱり修学旅行生が多いです。
鳥居をくぐるときに、参拝が終わって出てくる女子中学生くらいの子とすれ違いました。
おそらく、友達がお神籤を引いて「待ち人来たらず」が出たのでしょう。
「待ち人が来ないなら、こっちから行けばいいんだよ!」
良い言葉を聞いたなぁと思います。
 
地主神社さんは、人間の欲を叶えるような神社ですので、久しぶりに来ても手水舎の柄杓もこの通り。
この俗っぽさが面白いです。

208a2c38.jpg

清水の舞台から見た音羽の滝です。
外国人にしてみたら、おそらく鐘を鳴らすのも音羽の滝から水を飲むのもアトラクションみたいなものなのでしょう。
今まで見たことのないような長い列ができていました。

a9f0117b.jpg

昼間に出世大黒天さまと会うのも久しぶりです。
夜の参拝は、参拝が目的の方が多いので、出世大黒天さまを参拝するのにも列ができるときもあります。
久しぶりに昼間に来てみて、昼間の清水寺は参拝というよりかは観光が目的の方が多いのでしょう。
夜よりもゆっくりできました。
 
その前に、いつものように内陣の前で千手観音さまの前。
ここでは座ってゆっくり。
沢山の方が前を通っていきますが、良い運転手さんに連れられた修学旅行生は、しっかりと説明も受けて良い経験をしたと思いますが、ただただ流して通っていく運転手さんに当たるとかわいそうだなぁと思います。
外人の方も内陣の前にやってきますが、やっぱり仏教国から来たと思える方は、参拝が私たち日本人よりもはるかに丁寧で見習いたいなぁと思います。
昼間はいろいろ新鮮です。

33ef4bc8.jpg

今までブログには上げていませんでしたが、奥の院の裏手にあった頃から、濡れて観音さまには欠かさず参拝しています。
奥の院の裏手にあったときには、音羽の滝の真上から湧き出る「黄金水」と呼ばれるお水を観音さまにお掛けしていました。
阿弥陀堂と奥の院の改修に伴って、現在の池の畔に移されています。
改修工事も終わったので、ひょっとしたら元に戻るのかもしれません。
※清水寺のHPには、奥の院の裏手に濡れて観音さまらしい絵が描かれています。
前々からお花をお供えしたかったので、今日は念願が叶いました。
一度はやめた教師家業に引き戻す切っ掛けを作ってくれたありがたい観音さまでもあります。