14/12/08 志摩・鳥羽

総合福祉センター 白鳥の湯 あいあい

750b7734.jpg

時間に余裕があるので、温泉抜きで帰っても良いかと思ったのですが、夕方になってけっこう冷えてきたのでやっぱり温泉です。
増税によって価格が上がっているところが多いですが、ここは据え置き。
しかし、平日というのはかなり年齢層が高いですね。(笑)
寒いので、露天風呂はガラガラでした。

泉質はナトリウムー塩化物、炭酸水素塩温泉
Ph8.1
ヌルヌル感のある湯です。

二見興玉神社 二見浦公園

308a1fa9.jpg

58433db4.jpg

お土産屋さんが経営する有料駐車場が周りにいっぱいありますが、公園の横の駐車場は無料でした。
海に突き出ている遊歩道があるので行ってみると、新郎新婦さんが写真撮影をしていました。
先端近くから夫婦岩を写してみるとこんな感じです。
可もなく不可もなく。

二見興玉神社 天の岩屋

743aa08b.jpg

御祭神は宇迦御魂大神です。
先述の通り、ここでは豊受大神と同一視されていますが、お稲荷さんの主祭神でもあります。
横には、天宇受賣命(アマノウズメ)の石像が建っていました。 

二見興玉神社 蛙みくじ

aaded8d9.jpg

なんとなく愛嬌を感じられたので1枚。
空っぽなマヌケ感が愛らしいです。
拝殿にあります。 

二見興玉神社 烏帽子岩

60b266fd.jpg

夫婦岩の陰に隠れているのが烏帽子岩です。
授与所に「御神徳によって、上の岩がカエルの形状になってきた」と書かれていました。
 そのときには分からなかったですが、この位置から見ると確かにカエルです。

二見興玉神社 夫婦石

3366f00c.jpg

夫婦岩の近くまで来ました。
男岩と女岩の間には、5本の注連縄が掛けられています。
今度は、朝の早い時間に来てみたいと思いました。

二見興玉神社 日の神・皇居遙拝所

b3b49495.jpg

ここから、皇居や夫婦岩から700m先の興玉神石、日の神を参拝します。
夫婦岩の間から太陽が昇るのは、5~7月になるそうです。
天気が良いと、富士山まで見ることが出来るそうです。 

二見興玉神社 本殿

d1716d74.jpg

a671ea73.jpg

写真の順番は違いますが、日の神・皇居遥拝所を参拝した後に参拝しました。
綺麗なお社ですが、鈴を見ても分かる通りに塩でかなり傷みやすいようです。
いつも本殿と紹介していますが、ここは拝殿です。
後の本殿は工事をしていました。

二見興玉神社 満願蛙

0793981e.jpg

看板に
「『満願蛙』(水中の蛙)
この蛙は御神示により、この水中にお鎮りになりました。
水を掛けると、皆様の願いがかなえられます。」
と書かれています。

勝手が分からず、子カエルが2匹乗っている方にいっぱい水を掛けてしまいました。
後で調べてみると、そんなに水を掛けなくても良かったようです。 

二見興玉神社 御手水

a24c77b6.jpg

御手水はカエルだらけ。
御祭神は、猿田彦大神と宇迦御魂大神(このお神社では豊受大神の別名)と綿津見大神(わたつみのおおかみ)竜宮社となっていますが、カエルは猿田彦大神さんの使徒なのだそうです。
そのため、境内はカエルがいっぱいいるようです。 
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気