試乗会1213モデル

stockli laser CX

dsc_3181

最後の1本は小回り系と言ったらCX。
ちょっと長いので、小回りというより中回りですね…って、どんな意図でこのラインナップを持って来たのかわかりません。(苦笑)
違いが今一つわからなかった。

stockli laser SC

dsc_3207

ストックリーはよくわからないので、デモ系の板のオールラウンドと言ったらコレが出てきました。
オールラウンドには、やや短いですね。
サイドカーブに乗るとかなり切れる感じがしましたが、もう板の能力を引き出しきれなかった感があります。
ここから妻と合流。
修行モードは終了♪

Fisher RC4 superior RT

dsc_3179

フィッシャーは、プロフェッサーシリーズが無くなり、スペリオールシリーズに統一。
数字によるランク付けも無くなり、カラーリングによる格付けになりました。
荒れ荒れの斜面では私にはやや張りが強すぎて、ちょっと苦戦。
もう少し乗りたかったですが、さすがにぶっ通しなので疲れました。

HEAD titan

dsc_3206

タイタンは、ちょっと派手になりました。
マグナムとは違って、最初はやや暴れん坊な印象でしたが、ポイントが分かると長さや太さは関係無しの乗り心地でした。

HEAD i.ss magnum

dsc_3177

HEADのマグナムは、相変わらず間違いない操作性と安定感。
ビタビタ足下に帰ってくる乗り心地の良さは健在。
ただ、安定し過ぎていて、ちょっと飽きてきたというのは贅沢?

volkl v-werks code

dsc_3176

コスメやコンセプトが、かなり私好み。
グレゴリーの後継っぽいですが、違うそうです。
見た目の重厚感とは違い、持ってみると意外と軽い。
その割に、荒れ斜を蹴散らして行くパワーがあります。
…値段が高い。

volkl platinum sw

dsc_3205

どこのメーカーも、太く重くなっていく中で、この細さと軽さでの安定感と操作性の良さは驚きます。
荒れた斜面をクイクイと滑っていけるので、上手くなった気になります。(笑)
1本もっていて、時々引っ張り出して乗りたい板です。

K2 iron maiden

dsc_3171

K2のスタッフオススメの板。
コスメは嫌いですが、かなり楽しい。
サイドカーブを使ったカービングも出来る、汎用性の高さには驚きました。
特に春は、これ1本でかなり遊べるでしょう。

K2 impact

dsc_3169

こちらはaftershockのメタル無し。
トップが柔らかいので、荒れた斜面も楽々クリア。
トップシーズンには物足りないでしょう。

K2 aftershock

dsc_3204

こういう春の腐れ雪にはもってこいの板。
メタルが入って、トップシーズンでも楽しいでしょう。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気