15/10/12 名古屋

ちゃんぽん屋 大光楼 本店

45979c7f.jpg

8fb1f7ab.jpg

30a624eb.jpg

12c3c5be.jpg

一宮の元祖たんめん屋を目指していたのですが、待ちが出るほどの混雑。
駐車場もいっぱいで困っていたところ、ちょっと奥にちゃんぽん家の看板があったの覗いてみたところ、こちらも混雑。
でも、車は停めれたのでチャレンジしてみることにしました。
 
初めてのお店なので、オーソドックスに長崎ちゃんぽんと長崎皿うどん。
しかし、メニューを見るとトマトちゃんぽんとかベトコンちゃんぽんとかカレー皿うどんなどなど、ちょっと興味の魅かれるもの多数。
ここは何回か通っていろいろと食べてみたいお店になりそうです。
 
ちゃんぽんも皿うどんも、王将で食べることが多いので、その感覚で炒飯まで頼んでしまいましたが、来てみると量が多い!
私も妻も、年齢の割には大食いだと思いますが、ちゃんぽんと皿うどんで腹いっぱいになってしまいました。
ちゃんぽんの有名店でも、ちゃんぽんと皿うどんはほとんど同じ味付けが多いと思いますが、ここはアジも別々になっていて飽きません。
腹いっぱいになってねじ込んだ炒飯ですが、パラパラに炒めてある昔ながらの味付けが懐かしく、最後まで美味しく頂けました。
次はベトコン飯にも挑戦したいものです。 

竜泉寺の湯

6daa7a16.jpg

5d17189e.jpg

c8f3a71c.jpg

寝ながら岩盤浴をやろうと、お馴染みの龍泉寺にやってきました。
昼間から風呂に入るのは久しぶりです。
しかも、寝たいなら車の後ろのベッドで寝てしまうのですが、こんなことができるのは名古屋に来た時くらいです。
結局、2時くらいに入って、出たのは9時過ぎでした。
水分を摂りながら、汗を流しまくって、身体中の凝りも取れたようで身体が楽になりました。
 
しかし、早い時間にお風呂に行くと、マナーは一段とぐちゃぐちゃですね。
分からないのが、なんでビシャビシャのままにお風呂から上がれるのだろう。
脱衣場をびしょ濡れにして、なんとも思わないのだろうか。
もしくは、自分が脱衣場に入るときや出るとき、床がビシャビシャだったら気にならないのだろうか?
あと、自分の子供や孫に泳げと促す大人。
友だちとシャワーを掛けあう若者。
ここは、入浴が大人500円、岩盤浴が200円と安いこともあるのですが、近郊でも格安の入浴施設もできており、この金額を維持してもらうには、利用者のマナーは不可欠だと思うのですが…。 

泉質はアルカリ性単純温泉
Ph9.3 
シャンプー類・ドライヤー完備。
ロッカーはコイン返却式です。

吹上ホール

fc8db3bc.jpg

11363b16.jpg

JSBC名古屋場所開催です。
パンフを見たら、最終日の先着100名に、高鷲ダイナのリフト券500円購入券が貰えるということなので、早朝からアタックしてみました。
朝7時。
前方にはテントもあります。
警備員さんが言うには、前日12時のオープンして、並んでいた人たちが入ってすぐに並び始めたそうで、24時間並ぶことになるのだろうとのこと。
お目当ては、ウェアー半額券なのでしょう。
それにしても、昔は先着100名にリフト券をタダで配ったり、ボード500円とかやっていたので、だんだんと縮小傾向です。
パンフの方も、ウェアー類1万円以上購入で1000円割引券のみ。
昔のように抽選券は付いていません。
まあ、関東で見ていたら、1人で10回くらいやっている人もいるので仕方ないでしょう。
 
吹上ホールの2階での開催は、かなり寂しい傾向があります。
また、去年の様子を見ていると、高鷲ダイナなどは11月・12月となるにつれて前売り券の価格が上昇していくので、今年は早めに購入することにしました。
各ゲレンデのブースは、3年くらい前に来た時よりも少し多め。
マックアースと駐車場開発がレシート抽選で、他は1人1回。
マックアースの方はレシートの回数分だけできるので、けっこう高配当でリフト券を頂けましたが、同じ回数を引いた駐車場開発は0。
めいほうが欲しかったなぁ。
徹夜なので、1時間くらいで撤収しました。 
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気