16/05/02 白馬五竜

姫川温泉 源泉かけ流し 瘡の湯

169c4236.jpg

新しく作られた痩(くさ)の湯。
前にも前身となる温泉場があったようですが、最近作りたてられたようです。
それなりに賑わっています。
今度はここに来てみようと思います。 

姫川温泉 朝日荘 露天風呂

e99a677b.jpg

0122942a.jpg

04ad07c5.jpg

e09e05bf.jpg

いったん服を着て外に出て、狭い階段を上がって露天風呂。
やる気が無いのか、昔は屋根があったように思えるのですが、今は錆びた骨組みだけが残っています。
四角い方が男子風呂。
丸い方が女子風呂。
洗い場もありませんし、ドライヤーもありません。
ただ風呂に入るだけです。
お風呂に入ると、目の前には電車が走っているのですが、遮るものは何もないので丸見えでしょう。(笑)
いちおう源泉ということですが、熱いのでしょう。
水を入れて温度を下げることができます。

濡れた頭をどうしよう…という、なんとなく困った温泉でした。
ちなみに、ここも鉄臭い感じがあります。

姫川温泉 朝日荘

3910d51f.jpg

4e660fae.jpg

2dae17b5.jpg

昨日の八方美人でもらったパンフを参考に、今日は姫川温泉に来てみました。
そのパンフの表紙にもなっている露天風呂を目当てに朝日荘です。
けっこう悪い意味で風格があります。
受付の方もなかなか出てこないし、どうもやる気が感じられません。
とりあえず、混浴の岩風呂と別なところに露天風呂があるとのこと。

階段を下って扉を開けると、一面が巨大な岩が並んでいる脱衣場。
自然の岩を利用したお風呂には何度か入っていますが、脱衣場まで岩を利用しているのは初めてです。
浴室の扉を開けると、3枚目の光景。
上には屋根がありますが、温泉成分の影響もあってか錆々。
しかも晴れているのに雨漏りしているところもあります。
扉を開ければ女子の脱衣場の扉が見えるので、もうかなり危険な状態。
ちなみに、女子風呂の方は女子専用の浴室があるそうですが、とても小さく蒸気も臭いも充満していて息苦しいとのこと。
妻の後から入ってきた泊り客の人たちは、かなりドン引きで取り乱していたようで、妻がいろいろと世話を焼いていたそうです。

泉質は含硫黄ーナトリウムー炭酸水素塩温泉
Ph6.30
シャンプー類・ドライヤー完備。

次は露天風呂。

白馬五竜 植物園

ae626aeb.jpg

e7dad10b.jpg

c0c9a74b.jpg

着々と夏に向けての準備が進んでいます。
シーズンを向かえたカタクリの花や、その他いろいろの花の季節になっています。
エスカルプラザでは地元の野菜やイチゴを売っていて、昨日買って冷やしておいたのをゲレンデを見ながら食べました♪
なかなか甘くて美味しかったです。

白馬五竜 下山

20e81ba4.jpg

今日は、今シーズンで一番の達成感がありますね。
それなりに温度は上がり、リフトに乗っているとジリジリとした感じもあり、明日以降への不安を感じました。
後日談になりますが、温泉から上がって五竜のHPを確認したところ明日で終了とのアナウンス。
八方尾根も明日で終わりということなので、明日が白馬の最終日となるようです。

白馬五竜 ラスト

7ea43fab.jpg

5fc8a8bb.jpg

今日は30本。
温泉に行きたいと思っているので、最後までは滑らずに撤収です。
 
アルプス第1の降り場からの坂は途中で複数のスタッフで雪入れをしていました。
長時間の作業ですから気がつかないはずはないと思うのですが、そこを小回りで雪を蹴散らしながら滑っていく人は分からない。
初心者や小さな子供も滑っていて、たぶん小さな凹凸でも怖いと思うのですが、自分が上手だと思うのなら、なおさら気をつかえないものなのだろうかと思います。 

白馬五竜 アルプス平2

6706a76a.jpg

d2408cb4.jpg

午後になってどんどんと黒い部分が増えてきています。
リフトのスタッフも、どこの部分をどこの部分から雪を持ってきてなどと相談をしています。
「相当頑張らないと厳しい」と呟いていました。
確かに、上部は高山植物園を作っている石を組んだ花壇の石が露出してきてしまいました。 

白馬五竜 アルプス360

6f6a8c1a.jpg

6b133b89.jpg

今日は休憩できました。
質実剛健な休憩室の中に、なぜか屋根つきの椅子が?
コーヒーフロートを頼みましたが、やたら濃い。
あと、氷が多すぎです。
もう少し暑い季節になると、氷も早く解けてちょうど良いかもしれません。

白馬五竜 パラグライダー

8b0993b4.jpg

GWらしく、パラグライダーが飛んでいます。
あとでわかったのですが、47の帰路の1本道の横が着地場になっているんですね。
気持ちよさそうだなぁと思いますが、空を飛ぶのは怖いです。 

白馬五竜 花嫁

35088dbf.jpg

c0af7b91.jpg

気がつくと、ゲレンデに花嫁さんが立っていました。
それなりに日射しがあるので、日焼けがが心配。(笑)
というより、圧雪車をバックに雪の上に立つ花嫁というのはシュールです。
しばらく経ったら、シルバーのスーツを着た花婿さんがやってきて写真を撮っていました。
そして、花婿はボードをつけてゲレンデへ。
しばらくは花嫁さんはポツネンとゲレンデに座っていて可哀想でした。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード