17/12/16 ロッテアライリゾート

ロッテアライリゾートのモヤモヤ(総評)

c8f98d99.jpg

2e54c04c.jpg

e3d2d433.jpg

今回、久しぶりに真面目にレポを書きましたが、書き切れなかったことをいくつか。
 
抽選券の配布待ちをしているときに、周りには地元の下請けの方が多かったようでいろいろな話も聞けました。
その中でちょっと怖かったなぁと思うのが、ゴンドラは試験運転を繰り返しているそうですが、たくさんのお客さんを乗せての運行はぶっつけ本番なのだそうです。
脚色もあるのでしょうが、地元には今日明日の招待券をばらまいたのはテスト運行で、それを確かめて外国人ツアー客を受け入れるのだと語っていました。
また、トップが韓国人なので商習慣が違い、下請けを引き受けると押しが強くて他の仕事が差し障るとも。
当初は鏡割りを行う予定だったものの、それは韓国には無い習慣だからとドタキャンがあったなどなど。
地元民にはあまり歓迎をされていない印象を受けました。
 
ホテルとゲレンデのトップが韓国人であることは、習慣の違いとして今後はどうなっていくのだろうと思います。
先に書いた、ホテルとゲレンデとの関連性やイベントの際のドタバタは今後改善されるご愛敬と思いたい。
ただ、当日にシーズン券の有効期限が3月31日までと発表されたのは、会場の不満とも取れるどよめきが広がりました。
これは小さなことなのかもしれませんが、HPを見ても知りたいことがかなり分からないことも含めて、知らせることができないのか不親切なのか。
コースの斜度などの記載が無いことなども含めて、徐々に不信感が高くなっていくように感じます。
 
どうも途中から薄々と感じてきたのですが、ここの運営者はスキー・スノーボードのことを知らないのだと思う。
膳棚リフトで出会った顔馴染みの方のように、いろいろなところから携わってきた人たちを集めてきてはいるものの、その声は少なくとも反映されていないのではないだろうか。
いろいろなところで時間が経つにつれて「日本人は相手にされていないから…」「地元は相手にされていないから…」という声を多く耳にするようになりましたが、そうではなく「知らないから想像できない。想像できないからニーズに答えられない。」のだろうと思います。
 
確かにホテルには高級感があります。
が、ゲレンデの施設はチープです。
4000円のフカヒレラーメンやステーキ丼を買うと、呼び出しベルを持たされて、鳴ったら自ら取りに行く。
想像するだけで情けない。

ARAIも確かに当時にしてはリフト料金も高め、レストランも高めでした。
しかし、アライビールをメインに押し出して、さまざまな食事を展開していたことを思い出すと、お金を出したいと思わせるものがありました。
スペアリブを食べながらのアライビールは、ゲレンデではお酒を飲まない主義の私でも手を出してしまうほどでした。
お客へのサービスも高めなので、お金も出せると思う。
LOTTEアライリゾートの価格設定は、先にも書きましたがトップがスキー・スノーボードを理解していないから、顧客が満足できるサービスが創造できない。
高級とは、客が感じて初めて成り立つものでしょ。
運営側が自分勝手に押しつけているようにしか感じませんでした。
 
ただ、ゲレンデがオープンしたことは嬉しいことです。
GWまで滑ることができるゲレンデが帰ってきたわけですからね。
ゲレンデには大きく手を加えているわけではありませんので、初中級者には厳しいゲレンデのままです。
ちょっと上手なボードのお兄ちゃんが、膳棚リフトを降りたところのコース脇で立ったままにランチパックを食べていましたが、これもアライ。
楽しいゲレンデがあって、リフトが動いていて、できれば安く滑れれば嬉しいものです。
幸いに、3000円で滑ることができるチケットが手に入りましたから、今シーズンは満喫しようと思います。
 
いつ、また滑ることができなくなるか分かりませんからね。

矢代温泉 友楽里館

6ba263bd.jpg

ここに来るのも11年ぶりです。
入り口になんとなくの記憶がありますが、それ以外はまったく記憶がありません。
入ってみると、なんか昔と比べて湯船が小さいように感じます。
湯船の向きも違うように感じるし、こんなだったかなぁ。
内湯が1つでカランが6つなので、混雑したらたいへんでしょう。
とりあえず、大人480円は嬉しかったです。

泉質は、単純硫黄冷鉱泉。

食堂ミサ

bbfe1de1.jpg

f4c5eb76.jpg

ともかくお腹が空いたので、道の駅あらいの食堂ミサ。
ショックなことに、うちが定番で頼んでいる肉豆腐鍋定食と最近気に入っているハンバーグ定食が無くなっていること。
まわりを見るとラーメンを食べている人たちばかりなんですけど、定食を食べようよ…。
 
ちょっと悩んで、カツ丼とラーメンとキムチを頼みました。
カツ丼好きなので、いろいろなところでカツ丼を食べましたが、このように上に四角い海苔が乗っているのは初めて見ました。
蓋に蒸らされて柔らかくなった海苔が美味しいです。
 
ラーメンは、ちょっとクオリティが下がっています。
茹でた麺を器に入れたあとにスープを入れると思うのですが、そのあとに麺を泳がせないので気がつかないと麺があっという間に伸びてしまうでしょう。
このお店は、タマネギの使用率のたいへん高いお店です。(笑)

ロッテアライリゾート ライブラリーカフェ

4396a973.jpg

1b5fadfa.jpg

c851bf72.jpg

ホテル内はほとんど開店休業状態。
お金持ちか、うちらのようなバカじゃないと入れないような雰囲気があります。
めげずにひと回りしてみました。
一番気になったのが、このライブラリーカフェ。
他のお客さんがいるので撮影を控えましたが、この奥の廊下や部屋にもさまざまな本が置かれていました。
とくに気になったのが2枚目の4つの本の2段目右。
検索をしてみると、ドイツのtaschenという主に美術関係を扱う出版社のようです。
歌川広重の美術解説書ですが、ハードカバーを開けると中には木が貼ってある豪華な造り。
コーヒー1杯はエスプレッソ500円~ですが、これを見るだけでもコーヒーを飲んでも良いかなぁと思えました。

ロッテアライリゾート 林道下部2

df0e600c.jpg

c3f48204.jpg

いちおうは左右ともに滑ることができるので滑りました。
普通に止まりそうです。(笑)
前もこんなだったなぁと思いながら。
山麓第2の試運転をやっていたので、そちらに乗りたかったです。

ロッテアライリゾート 山麓第1リフト

4436a8e2.jpg

下のリフトにも乗ります。
緩く遅いリフトです。
それよりも、子供たちが多く乗るであろうこのリフトのスタッフが投げやりな感じなのが気になりました。
最近のリフト係さんは、リフトをいったん掴むことによって乗る人への衝撃を和らげてくれるところが多いのですが、見ているだけでした。

ロッテアライリゾート 下山

259756e1.jpg

今日はやり尽くしたと思います。
せめてベアーズバレーを滑って六本木ステーションまわしをしてみたかったのですが、それは次回に期待したいと思います。
それまでに身体を作り込んで来たいです。
ここは、滑れないとつまらないゲレンデですからね。

ロッテアライリゾート 上部ラスラン

7e25f47e.jpg

シーズン初日で身体ができていないので、無駄な動きが多く筋肉パンパンです。
あまり寝ていないこともあるので、撤収です。
11年前の位置から改めて撮ってみました。
天気は良いし、雪も良いのでもったいないですが、もう身体が無理でした。

ロッテアライリゾート 船石沢

462f9808.jpg

2006年3月5日
 32cb0e29.jpg

ちょっと撮影したぽいとが違いますが、下の写真は3月の船石沢。
比べると、まだ木がいっぱい出ています。
これが埋まるくらい雪が降ります。
11年の月日で木々も高くなっていると思うので、どんな景色になるのだろうかと思います。

ロッテアライリゾート リスタート

57b2e800.jpg

b6140fbd.jpg

1時間ほど休憩してリスタート。
時間は1時をまわったところですが、ガラガラを通り越して客はいません。
おそらくこのエリアの客をすべて足しても20人は居ないでしょう。
コース貸し切りで滑ることができるとは思いませんでした。(笑)
 
雪の状態は決して悪くありません。
元々、アライの整地はあまり面白いコースはありませんし、公式HPをみてもコースの雰囲気が分かるわけじゃなし。
11年ぶりで知っている人も少ないのでしょう。
客層とスペックが合っていないとしか言いようがありません。
それでも、早くも外国からのツアー客をパトロール(と思われる人)が案内をしていました。
 
膳棚リフトの乗り場で、他のゲレンデで古馴染みのスタッフを発見。
つまらなそうに仕事をする人ではなく、むしろ気配りのきいた方だと思うのですが、こわばってつまらなそうに仕事をしていたのが気がかりでした。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気