18/01/05 熱田神宮

熱田神宮 帰路

d7ce56b3.jpg

もう一度本殿に行きました。
授与所のあたりをウロウロしてなんとなく雰囲気を楽しみました。
帰り際に参道から本殿に向かって1枚撮ったところ、不思議に青々しい写真になりました。
これにて熱田神宮は終了です。

熱田神宮 宮きしめん

077637be.jpg

f55bb17b.jpg

小腹も空いてきたので、いつものようにきしめんの赤と白。
美味しさは体調の差もあると思いますが、年によって違うのが面白いです。
うどんやきしめんに関しては、基本的には東日本風の醤油メイン(赤)よりも出汁メイン(白)の方が好きのようです。
白エビのかき揚げも気に入っています。
帰ろうと思ったら、閉店間際で肉まんを半額で売っていたのでさらに購入。
定価では買いたくないかなぁ。

熱田神宮 八剣宮

01f2665c.jpg

本宮に準じて作られている八剣宮さま。
御祭神も熱田大神となっています。
ちょっと小さく作られているのは、拝殿の鰹木の数で分かると思います。
織田信長公や徳川家康公などが修繕を命じたりしているくらい、武家の信仰が厚いそうです。

熱田神宮 初えびすポスター

484da6f6.jpg

けっこうこのポスターは好きです。
色合いや独特の文字も気に入っています。
年末年始にかけて、どれだけの「ワンダフル」を見たことか。(笑)
去年は「福をとりこむ」でしたから、来年も駄洒落で攻めてくることでしょう。
早くも楽しみです。

熱田神宮 あきないえびす

c6b5d6bc.jpg

今年もあきないえびすを頂きました。
商売をしている人は「あきないえびす」。
勤めている人は「はたらきえびす」。
漁業の人は「とりえびす」。
最初はこの3種類でしたが、最近は「生涯現役 ちからえびす」というものが加わりました。
中には「熱田三面大黒天」の版画と御札が入っています。
広げてお祀りしても良いですし、このままお祀りしても良いそうです。

熱田神宮 事代主社

7d2b1888.jpg

こちらが事代主社。
ここのえびす様は大国主命の子供である事代主命であるようです。
授与所の前ですが、こちらも長い長い列が出来ています。
列は出来ていますが、急ぐ人は横からの参拝はOKです。

熱田神宮 大国主社

0164c47d.jpg

上知我麻神社の向かって右側が大国主社。
大国主命がいらっしゃいます。
あと1時間足らずですが、長く長く列が出来ています。

熱田神宮 上知我麻神社 初えびす

e4965dae.jpg

081020fa.jpg

今日の主役は上知我麻神社の初えびす。
正確には、上知我麻神社の末社にあたる大国主社と事代主社になります。
上知我麻神社の御祭神は乎止與命(おとよのみこと)。
日本神話に出てくる尾張国造であり、相殿神にお祀りになっている宮簀媛のお父神になるようです。
熱田神宮のホームページには「知恵の文珠様」と書かれているあたりに歴史を感じます。
いつも、真ん中で古い熊手などを燃やしているのですが4時を過ぎると火を消すそうで、ちょうどそのタイミングでした。

熱田神宮

8fc31cf8.jpg

54f0a65e.jpg

fba9bb18.jpg

家に帰ってきたらダラダラしてしまい、4日に出るつもりが5日の昼近くの出発になってしまいました。
それでも、2時間前後の距離に熱田神宮も伊勢神宮もあるのは良いですね。
鈴鹿峠の気温の低さが心配でしたが、路面の凍結もなし。
本当はもう少し早くに参拝したかったですが、ギリギリ4時。
まずは本殿から参拝。
こちらも、参道に桜が咲いていました♪
神殿は神明造。
主祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)
三種の神器の一つである草薙神剣を御霊代としてよらせられる天照大神のことを指しているそうです。
相殿神として
天照大神(あまてらすおおかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
宮簀媛命(みやすひめのみこと)
建稲種命(たけいなだねのみこと)
の5柱となっています。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気