18/02/25 スキージャム勝山

ジャム勝 yukiyamaデータ

61049d9e.png

頑張ったのですが、20位直前で届きませんでした。
ジャム勝のところで書きましたが、なんか場の雰囲気に馴染めず、5~8割くらいの力で滑っていた感じです。
距離も速度も伸びていません。
このまとめのマップでは、どの時間に自分がどこにいたのかがだいたい分かります。
出来ることなら、オートでアイコンが動いてくれたら、後で見かえすのに便利だろうなぁとは思います。
ただ、今年のバージョンになって、操作中に落ちることが多いので、重くなるよりは今のままが良いかなぁとも思います。

浄土寺温泉 温泉センター水芭蕉

1d68130f.jpg

すごく久しぶりの水芭蕉です。
駐車場に車がびっしり停まっているのでビビってます。
どうも勝山町で左義長(「さぎっちょ」というらしい)があるので、それで混んでいると思いながら入ってみると、温泉はかなり空いていて良かったです♪
それにしても、入り口はずいぶんと恐竜押しになっていました。
ここに来ると、過去にここの温泉に入ってから九頭竜湖を経由して岐阜に向かう途中の大雪で遭難しかかったことを思い出します。
前を走っている車やトラックが次々スタックしていく中、走破できて良かったんですが…。
福井のソースカツ丼を初めて食べたのは、ここの食事処なんですが、2回目に食べたときにはカツの枚数が1枚減っていてクオリティも下がっていたことも思い出です。
 
そういう記憶があるのに、温泉の記憶が無い。(笑)
洗い場の数は結構多め。
大きい内湯と、その横に大きめの泡沫浴。
丸い圧注浴は入浴剤が入っていました。
サウナも水風呂もあり、なかなかのクオリティです。
これで、市民以外は650円ですが、ICリフト券と引き換えで入浴することも可能で、実質500円で入れます。
 
泉質は、ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉。
シャンプー類、ドライヤー完備。
下駄箱は男女別になっており、その下駄箱の鍵を受付で渡すと、同じ番号の脱衣場のロッカーキーを渡してもらえます。
それらの料金は無料。
3月1日~31日まで休業して改装するそうです。

ジャム勝 けいたこ

3856be99.jpg

611ffd6e.jpg

ツイッターを見ていたら、大雪のときの写真を見て美味しそうだったので、次回は食べようと思っていました。
並んでいるうちに、鯛焼きまで食べたくなってしまったので、あんことクリームを買ってしまいました。
たこ焼きよりも鯛焼きの方が人気があるようです。
お腹が減っているので、どっちも美味い。
でも、鯛焼きの方が良く売れるのは分かるように思います。

ジャム勝 バラエティーペア

c4c58d3b.jpg

乗ってないので1本だけ。
たぶん、あと2本くらいは乗れたと思うのですが、ダメなものはダメ。
リズムに乗れないときには潔く撤収するに限ります。
これでラスリフです。

ジャム勝 バラエティーコース

e8a1454d.jpg

バラエティーコースのトップから降りたかったのですが、裏目に出ました。
危ないと思いながら注意して滑っていたのですが、コースの少し斜度のあるところの木の葉のボーダーを避けようとして妻が転倒しました。
警戒してスピードをセーブしていたそうですが、不用意な動きを避けるためにあまり受け身も取れなかったようです。
最後の最後にやっちまいました。
大山では微妙に足も捻っているようですし、そのときに板に乗ってしまったようで、ウェアをエッジで切ってしまうほどだったことに今回気がついたのですが、さらにいろいろと悪化したようです。

ジャム勝 ファンタジーペア

9e097b3c.jpg

すべてのリフトに乗っておきたいので、1本引っかけます。
このリフトに乗らない方が迂回路を通れるので、慣れていない人は良いと思います。
いつもなら、ここでひと回りして、もう一度乗るのですが、今日はパス。
お客さんが並んでいる限り、スタッフはリフトに乗らないんですね。
ずらっと並んでいて申し訳なかったです。

ジャム勝 ファンタジーA②

26322b72.jpg

ここからの景色はとくに好きなんですけどね。
九頭竜川が作り出す福井平野が美しいです。
曇り予報が外れて夕日が見えるのもありがたいです。
でも、どうもダメなのでこの1本で撤収することにしました。
こんなこともあります。

ジャム勝 ファンタジークワッド②

c8d436a7.jpg

ファンタジーサイト復帰です。
かなり人が減ってきました。
1本乗るごとにリフト待ちが急激に減っていきます。
ただ、どうしても今日はリズムがつかめません。
上からビシッとデモ板、デモウェアで決めているおじいちゃんの一団が、フラフラ滑っている子供のすぐ横を滑っていたり、ボーダーがぶつかり合っていたり。
どうも楽しくない。

ジャム勝 ファンタジーアスセスコース

59aa01cb.jpg

確か、そのように呼んでいたと思うのですが、公式では名前がなくなっていました。
イリュージョンからファンタジーへ抜ける連絡コースです。
基本的には緩斜面ですが、ここだけちょっと急な斜面です。
ここを通らなくても、迂回路が作られています。

ジャム勝 ストリームB

6eb6358a.jpg

地ガキレーサーがいっぱいいると思ったら、ここに旗を立てていました。
すでに練習は終わったようで、ポールを撤収している最中でした。
ここは旗が立っていたせいか、コース幅が狭くなっていたこともあるためか荒れていません。
もっとも長さは短め。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気