18/03/12 梅宮大社

梅宮大社 西梅津神明社

87c4c5f2.jpg

旧西梅津村の神明社を移築したそうです。
御祭神は天照大神と豊受大神。
いちおうは境内になるようですが、後から付け加えたような感じです。
梅宮大社はだいぶ土地が減っている感じですので、買い戻しているような気がします。

梅宮大社 ゴヨウマツ

d59113a5.jpg

小さく「区民の誇りの木」と書かれていました。
五葉松という文字の通り、5本の葉で出来ています。
御神木ということではなさそうです。
でも、見事な枝振りでした。

梅宮大社 猿田彦神

6ffbd59f.jpg

賽銭箱が置いてあるのでなんだろうと思ったら、猿田彦さんと佐瑠女さんでした。
石碑があるだけですが、並んで置いてあって良かったです。
周辺は花だらけ。
なんとなく、ほっとする景色でした。

梅宮大社 またげ石

976d7dd4.jpg

神域の中にありました。
「またげ石」というのは変な名前ですが、子宝の石と分かれば納得です。
あまりよく見えません。
夫婦で一緒に「子授けの祈祷」を受けると案内してもらえるそうです。

梅宮大社 梅、ほか

51365860.jpg

e0b5abb2.jpg

cfa295ec.jpg

ac49ea8d.jpg

梅宮神社というだけあって、梅の花が咲き誇っていました。
紅梅白梅の他に、ピンクがかった梅や八重の梅などさまざま。
他にも、牡丹などの花も咲いています。
花を愛でているだけで幸せになれる境内ですね。

梅宮大社 御朱印

e348cb04.jpg

御朱印を頂きました。
梅宮の文字も味がありますが、社紋の橘も可愛らしいです。
おそらく、梅宮なのに橘なのは、橘氏から来ているのだと思います。
ほっこりする御朱印でした。

梅宮大社 猫

4c0bc744.jpg

caf32bc5.jpg

e85424e7.jpg

4b11b1cc.jpg

社務所の周りは猫だらけ。
人の存在はまったく気にしていません。
中には、社務所の戸の前に居座るのもいて、御朱印をお願いするときにもなかなか出せませんでした。
どの猫もしあわせそうです。

梅宮大社 舞殿・拝殿

ec500c9a.jpg

57cf0c8e.jpg

楼門をくぐって、真っ先に目につくのが舞殿に置かれていたこの大きな絵馬。
ずいぶんと可愛らしい絵馬です。
 
いつもの通りにフラリと来ているので御祭神さえ分かりません。
調べました。
本殿には、酒解神、酒解子神、大若子神、小若子神。
古いお社なので、神様のお名前も独特です。
それぞれ、大山祇神、木花咲耶姫命、瓊々杵尊、彦火火出見尊が当てられています。
主祭神の酒解神(さかとけのかみ)の名前から、酒造りの神様としても信仰されているようです。
もっとも、元々は橘氏の氏神さまです。
 
相殿には、嵯峨天皇、橘嘉智子(檀林皇后) - 嵯峨天皇皇后、仁明天皇、橘清友公の4柱をお祀りになっているそうです。

梅宮大社 梅宮日本第一

7b2bd161.jpg

楼門の右脇に石碑がありました。
「梅宮日本第一」と書かれています。
近くには行かなかったので、詳細は不明。
公式HPを見てもよく分かりませんでしたが、ともかく梅が立派と理解しましょう。

梅宮大社 鳥居

04ca8dba.jpg

a6c39fb5.jpg

0336b417.jpg

なんとなく、梅を見たくなって梅宮神社に来てみました。
比較的、京都の中では梅の本数が多いようです。
初見参です。
ポカポカとした陽気で、お年寄りや幼稚園児がやって来る、地元に愛されているお社のようです。
 
よく分からないままに東側から駐車場に入ったのですが、南の方が正門のようなので、いったん外に出て入り直しです。
二の鳥居の扁額の梅宮の文字も気取っていない感じです。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気