18/04/15 野沢温泉

おおぎやらーめん

45ccd667.jpg

41d3d716.jpg

中野の町は食事に困ります。
気に入っていたお店の質は落ちていますし、材料が不安のところも多い。
道の駅でご飯を炊こうかとも思ったのですが、空腹に負けておおぎやで食べることにしました。
ラーメン屋なのに回鍋肉定食と餃子定食を頼みました。
米が美味しくなかったので、ある意味安心。
ご飯は食べ放題!
餃子も回鍋肉も普通に美味しかったので、ときどき利用しようと思います。 

野沢温泉 シュナイダー広場

046ead46.jpg

d38b4f20.jpg

シュナイダー広場というのが出来ていました。
一昨年できたようなので、去年は気がつかなかったんですね。
食事をしたり、絵画鑑賞が出来たようなのですが、途中から路線変更して食事は出来なくなったようです。
ちなみに、妻の親戚に岡本太郎さんがいらっしゃるそうで、自分でもだから感性がぶっ飛んでいると言っていました。(笑)

野沢温泉 村内

27aea757.jpg

9559a862.jpg

真湯の帰りに見つけました。
板とブーツを植木鉢にしています。
ライケルとかサンマルコとかニシザワとかヤマハとか、懐かしいラインナップです。
とりあえずはこの2枚ですが、他にもいろいろと面白いものがありました。

野沢温泉 真湯

f1e272ec.jpg

19dd21d3.jpg

e44369c8.jpg

久しぶりに真湯の方まで歩いてきました。
グーグルのナビを頼りに来たのですが、少し迷ってしまい真湯リフトの方に来てしまいました。
そこからいろいろと探して到着。
少し中心から離れた場所にあるためか、空いていました。
多少の入れ替わりはありましたが、ほぼ貸し切り。
 
ただ、野沢温泉は脱衣場というよりは、浴室の横に脱衣スペースがある程度。
タオルは持って入って欲しいですね。
家風呂に慣れすぎていて、公衆浴場ではタオルを持って入るという習慣が身についていないのでしょう。
まして、ここにはシャワーもないので、かけ湯をするということも、お年寄りと私と同年代の人間でも出来ないようです。
女子風呂の方は、妻と一緒に入った女性がたいへん感性の合う方だったようですが、そのあとに関西弁の年配の女性たちが入ってきて大騒ぎになったようで、その女性は逃げ出すように帰ってしまったようです。

野沢温泉の湯は基本的には熱いです。
壁に、「真湯の湯量が減っているのでむやみに水を入れないで欲しい」ということが書いてありました。
おそらく、源泉掛け流しという意味も、温くしたあとに湯を熱くするという意味も分からないのでしょう。
というか、湯の花も分からなかったようですし。
 
入ってみて思ったのですが、真湯の泉質は絶品といえるかもしれません。
ゲレンデでボロボロになった指もスベスベ。
正直、時間があれば翌日の志賀高原のあとにも立ち寄りたかったくらいです。
真湯ファンがいるというのもよく分かります。
 
泉質は単純硫黄泉。
シャワーはありません。
水の出るカランが3つあるだけです。
身体を洗うときは、湯船から桶で湯をすくいましょう。
シャンプー類もありません。
洗面所もドライヤーもありません。
貴重品入れはありますので、それを利用することになりますが、湯船から脱衣場の棚が丸見えなので必要ないかもしれません。

野沢温泉スキー場

f186d220.jpg

5346df90.jpg

夜中に目を覚ましましたが、こんな感じです。
しっかりと雨が降っています。
さらにひと眠りしたところ、バタバタと大粒の激しい雨が降っています。
ふて寝をして昼前に起きたのですが、雨も強く上はガスのようですが、少なくとも駐車場の一番下の段がいっぱいになるくらいはお客さんが上がっているようです。
夕方まで事務仕事をした1日でした。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気