18/04/30 野沢温泉

野沢温泉 yukiyamaデータ

a8815de0.png

1afa9107.png

首位を陥落したあとはさらに順位を下げたのですが、巻き返しました。
なんとか2位。
しかし、トップシーズンとは違ってスピードは上がりませんね。
結果としては、今シーズンの最後のバカ滑りになりました。

野沢温泉 真湯

c5d95738.jpg

003b9c48.jpg

飽きもせずに真湯です。
昨日入ったとはいえ、妻の打ち身や捻挫は簡単に治るレベルではないので、今日も湯治です。
 
まあ、ともかくここの湯は熱いです。
先に入っていた人たちも「熱い熱い」と言いながら、一瞬入って困っている人がほとんど。
私は熱さに慣れてきてしまっているので、少し湯で身体を慣らしてドップリと入れるので驚いていました。
少しお話をして彼らが出て行ったあとは貸し切り♪
身体を洗っていると、観光客と思える若干偉そうな初老の方、次いで地元のおじいさんが入ってきました。
地元のおじいさんは明らかに好戦的で、入って来るなりに服を脱ぐ前に湯船に来て足を入れて湯の温度を確かめています。
そのおじいさんが服を脱いでいるあいだに、初老の方が湯にちょっと足を入れただけで水を全開に入れ始めました。
おじいさん怒る。
要約すると、身体が冷えて暑く感じることと、湯船の表面が熱いだけだから混ぜればあまり熱くない。
それだけのことをして、それでも熱いのなら水を入れる。
まあ、そんなことを言っていました。
偉そうな初老の方ですから、久しく頭ごなしに叱られたこともないのでしょう。
反論にもならないような反論を言ったあとは、湯船の横に体育座りをして、湯船から桶で湯をすくって身体に掛けるだけ。
おじいさんの方も悪かったと思ったようで、自分が入れるなと言った割には水を入れ続けていたのですが、女湯の方から奥さんと思える方が「出るよ~」と声がしたら無言のまま出て行ってしまいました。
その姿を見て、おじいさんが寂しそうに蛇口を閉じていました。
 
そんなタイミングで妻が「男湯はどう?」と話してきたので「こっちはいい感じに熱いよ」と答えると「こっちは水を入れすぎて温すぎ。まだ熱くならないからもうしばらく入る」と言い出したところでおじいさんの息が吹き返しました。
私に向かって、言い訳をするように「観光客は水を入れすぎる」ということを語り始めるので「震災以降はボイラーで温泉を沸かしているんですよね」と答えると、「そうなんだ」といろいろと話し始めました。

真湯の湯温が下がっているのは、地元の人たちでも源泉に、川の水が入っていると思っている人と、地下水が入り込んでいると思っている人がいるようです。
あとから入ってきた地元の人に、これだけ川が増水しているのに湯温が変わらないのだから地下水だと主張していたので、おじいさんは地下水が入りこんでいると思っているようです。
湯の花の質も変わってしまったとか、こんな温度でも地元民にとっては温いということを語るだけ語って出て行きました。
 
まあ、思慮もなく水を入れた初老の方も配慮が足りなかったと思います。
ただ、温泉をボイラーで焚いているという地元の事情が通りすがりの観光客に分かるわけもなく、そこを知らせないのはトラブルを増しているようにも思います。 

野沢温泉 湯澤神社お守りシール

f985bf26.jpg

旅館組合のところで手に入れることができるそうです。
一時期、欲しくて欲しくて仕方なかったです。
板に貼ってあるのはカッコイイですね。
スノーボードお守りもできたようで、そちらは少し高く500円。 

野沢温泉 長坂ゴンドラ下山

39906c60.jpg

5249251c.jpg

GWの重雪のだというのに、張り切って滑りすぎてしまいました。
トップシーズンでもこんなに滑ることは少ないです。
リフトの待ちもほとんどなく、雪もきれいだったのが良かったです。
頑張れば、まだまだ頑張れたのですが、ほんの少しの時間を残して下山です。

野沢温泉 やまびこE

4b46bf1f.jpg

aaa89b65.jpg

きょうはやまびこEでは1本も滑っていないので、最初の1本が〆の1本となりました。
だいたいコブが作られてしまうので、午前中を過ぎたら滑ることの少ないコースです。
滑ってみると、急斜面に入ったところで土がかなり出ています。
コース幅半分くらいになっていました。
回り込んで2つ目の急斜面は雪があったので、ここで一気にゴンドラ駅舎まで滑り込みました。 

野沢温泉 やまびこA②

55716c33.jpg

時間いっぱいまで、やまびこAをまわしました。
もう少し滑ることはできそうでしたが、雲の感じが重たくなってきたこともあり、やや早めに撤収しようと思います。
GWの割には、最後の最後までかなり良い状況で滑ることができました。
なんでこんなにお客さんがいないのかが不思議でした。 

野沢温泉 やまびこC②

b867fd2f.jpg

CとDの分岐を越えたあたりです。
春のゲレンデは、朝には白かった雪が夕方にはだいぶ汚れてくるのに時間を感じます。
白かったところが多かったはずなのに、かなり汚れた感じになっています。
それでも、滑走感は余り変わらないのが救いです。 

野沢温泉 やまびこD②

393757cb.jpg

春スキーは営業時間が短いので、終わりまではもう1時間くらいしかありません。
ゲレンデは、多少の凸凹はできてますが、これくらいならフラットと言っていいでしょう。
野沢は、コブを作りたい人と、タダ滑りたい人と、林間に行きたい人の住み分けがハッキリしています。
そういう意味では、春でもかなり安全に滑ることができるゲレンデじゃないかと思います。 

野沢温泉 やまびこ第2フォー②

74d67d21.jpg

上の平をまわったら下山する積もりだったんですが、リフトに乗っています。(笑)
あまりにも上の平がつまらなかったので、もうちょっと滑りたくなってしまいました。
ちょっと雲が多くなってきました。
そろそろ撤収するタイミングを計る必要がありそうです。 

野沢温泉 上の平フォー

af93b7b0.jpg

1c44ea20.jpg

やまびこエリアに戻ります。
性分とはいえ、ほとんど人の訪れないコースに分かっているのに来るというのは懲りないものです。
場所によっては、びっしりとフキノトウが生えています。
徐々に雲が出てきています。 
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。