18/08/16 清水寺

くら寿司  金閣寺店

DSC_6425
ちょっと寿司をつまみに来ました。
いつもなら、遅い時間でも混雑していて、外国人客も多いお店なんですが、今日はガラガラ。
くら寿司は最近元気が無いですね。
このあいだから、寿司酢を黒酢に変えたそうで、確かに美味しくなったような気がします。
ただ、期間限定のネタがショボい。
あと、なんとなくクオリティが落ちています。
そこらへんは外国人は正直のように思います。
 
今回はかき氷を食べていないので、くら寿司で夢のふわ雪というかき氷を食べてみました。
250円でこのクオリティならまあまあじゃないでしょうか。
ただふわ雪という感じではありませんし、作りがやっぱり雑ですね。

清水寺  散華

DSC_6426
法会で頂いた散華です。
散華とは、法会を行う際に諸仏を供養するために花を蒔くのですが、その代わりのものです。
蓮の花をかたどったものがベースとなっているようです。
 
真ん中が十一面千手観音さま。
青い散華の、鬼を踏みつけているのが毘沙門天さま。
赤い散華の、刀と錫杖を持っているのが地蔵菩薩さまになります。
清水寺の地蔵菩薩さまは、他にはなかなか見られない鎧を着けた姿をしています。 

清水寺  音羽の滝

DSC_6420
DSC_6422
鐘を撞くことや、音羽の滝のお水を頂くことも、ある意味アトラクションみたいなものなのでしょう。
最近では外国人の人たちの列がもの凄くて、ちょっと腰が引けていました。
今日はガラガラなので、ゆっくりとお水を頂き、後の不動明王さまにご挨拶できました。
清水寺の由来ともなる清水です。
特別に長い柄杓はなかなか扱い方が難しいです。 

清水寺  舞台

DSC_6416
本堂の覆屋はまだまだ外れません。
屋根の葺き替え作業が続いています。
予定としては2020年3月ということ。
はるばる外国から日本を目指してやってきた方にはガッカリの光景なのだろうと思います。
頻繁に訪れることができる私たちにしてみれば、この時期だけの特別なんですけどね。 

清水寺  西門

DSC_6383
西門です。
下から撮ってみました。
西門の名前の通りに西側には位置された門ですが、ここからの日没は確かに美しいです。
極楽浄土の入り口の門という意味もあり、門の形状も普通の門というよりも拝殿のような特殊な形をしています。
日想観という、西日が沈むのを見て極楽浄土を思うという修行があるのですが、それを行いやすい場所でもあります。 

五山送り火

DSC_6374
DSC_6379
清水寺は本当にガラガラ。
おそらく、直前に雨が降ったことと本堂の工事が響いているのだと思います。
なんかビックリするくらい空いています。
五山送り火は、大文字、妙法、船形、左大文字、鳥居の5つですが、そのうちの船形、左大文字、鳥居の3つを見ることができます。
とりあえず、京都のどこの場所でも5つを全部見ることはできないそうで、3つ見ることができれば良い方です。
今年はなんか鳥居が上手く写すことができませんでした。
スマホのカメラじゃ限界の距離ですね。 

清水寺  三重塔

DSC_6364
DSC_6404
三重塔もライトアップされています。
塔はどこでも外国人にも人気がありますね。
ちょっとゆっくりめに中の仏様を見ていたのですが、外国人の方々が集まってしまい慌てて撤収しました。
塔の中には大日如来さまがいらっしゃいます。 

清水寺  鐘楼

DSC_6365
DSC_6369
法会が終わって、急いで鐘楼に向かいます。
今年は少し出遅れて読経が始まる直前でした。
例年の夜間参拝では、そんなに多くの外国人を見かけることは無いのですが、今年はやはり多いようです。
興味深そうに見ていた白人のご夫婦に、妻が撞くことを勧めたのですが、断って場所を変えてしまいました。
おそらくキリスト教系の人たちは参加しにくいのでしょう。
それに対して、大陸系・半島系の人たちは仏教ということもあって並んでいました。
ひとまとめに外国からの観光客といっても、いろいろな人がいるものです。
今年は、雨上がりの空気が澄んだ中で撞かせていただきありがたかったです。 

清水寺  法会

DSC_6363
千日詣の夜間参拝の3日間、日に2回法会が行われます。
本堂に上がり、法会が行われるのを待ちます。
写真の真ん中に丸いものがあると思いますが、これは懸仏といい、秘仏である「十一面千手観音立像」と「地蔵菩薩」「毘沙門天」の姿が写されています。
機会があれば、ゆっくり見てください。
 
扉のところは、普段は竹によって閉じられているのですが、今回は初めて竹を外して下さいました。
たった2本の竹が無くなるだけでも開放感が全然違います。
たまたま産寧坂のお土産屋のご主人がいらっしゃり、席を作って頂きました。
 
清水寺で勤めるお坊さんたちのお経は美しいものです。
今回は、過去最高に空いていて、静かな気持ちで参加できました。
法会が終わると散華が頂けます。
今年も3種類2セット頂けました。 

清水寺  出世大黒天

DSC_6362
定位置に戻った出世大黒天さまです。
やっぱりこの位置にある方が落ち着いているように感じます。
この出世大黒天さまについては、御利益云々などといろいろ言われていますが、私はなんか「空」という感じです。
お会いできて良かったという感じです♪ 
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード