試乗会1718モデル

白馬47&五竜 blastrack ELIXIR cruise

54f58be9.jpg

下に置いての写真を撮り忘れました。
ELIXIRにcruiseという文字がついていますが、見た目は別物。
しかし、板の乗り味はなんとなく似ています。
若干操作性を落として、安定性を増した板です。
甲乙はつけにくいですが、どれか1本を選ぶのならELIXIRが良いと思います。
これにて試乗は終了。

白馬47&五竜 blastrack IMPROVE

636a6563.jpg

人気のある機種のようで、少し待ってから乗りました。
履いた途端に「これは良い」と思える感触があります。
軽く操作性も良いといえるでしょう。
1つ難点を上げるのなら、この板ではスピードはあまり出ない感じです。
 ELIXIRの操作性を少し上げて、安定性を少し削ったように思いました。

白馬47&五竜 blastrack FARTHER

7f305587.jpg

いままで意識していないメーカーなので、板の特徴も分かりませんが、2本目はセミファットを選んでみました。
最初のELIXIRのトップの独特の形状と比べるとノーマルですが、板の方はクセがあります。
新雪やオフピステ向きなだけあって板は堅め。
安定性はありますが、操作性は落ちます。
カービングを楽しむ板ではありません。

白馬47&五竜 blastrack ELIXIR

360f77df.jpg

1本目に、たまたま2本開いていたので手に取りましたが、1本目から当たりを引いたようです。
履いてみると、まず感じるのは軽さ。
普段乗っている板は、ビンディングの位置がやや後ろ目なので、ちょっと前が短く感じますが、次に感じるのは操作性の良さです。
段差を利用してポンポン飛べました♪
軽いので、安定性はそれなりではありますが、良いといえるでしょう。
幅広い滑りに対応できる板だと感じます。

head rebels i.race

fdeb2536.jpg

ドクロマークが付いている板。
SUPERSHAPEとは少し違うようです。
妻が試乗。
中回りも小回りも出来る板のようですが、HEADはちょっとずつズレているような気がしますね。

ogasaka ks-ls

8f304fbb.jpg

去年からの継続販売のようです。
よく分からないままに乗ってしまいました。
基本的には板を借りたら、リフト1・2本で返すことにしているのですが、最後の1本なのでもうちょっと乗らせてもらおうと取り回しの良さげな板を借りました。
オガサカは競争倍率が高くて面倒くさく、最近はすっかりご無沙汰してしまいました。
 
よく分からないままでしたが、悪いチョイスでは無かったよう。
スノーマンのすっかり腐りきった斜面でも、けっこういい感じで下りることが出来ました。
踏み方次第で弧が描けるので、なかなかオールラウンドの良い板です。

salomon x-race SW

07284afc.jpg

salomonは久しく遠ざかっていたのでラインナップが分かりませんし、評判も分かりません。
世間的な評判はなんとなく高くないのは、試乗会場でも担当スタッフが居ないためかもしれませんが、乗っている人が少なかったように思います。
ATOMICをまとめて乗ってしまったためか、正直、板の設計に古さを感じたのは否めませんが、かなりポテンシャルが感じられました。
軽い乗り味なのに安定性もあり、R15にとらわれない滑りが出来そうな板でした。
ロッカーは嫌いなのですが、この板は嫌いじゃない。

salomon x-race SC

b0eb4413.jpg

ものすごく久しぶりに2人でsalomonに乗りました。
こちらは妻が試乗した方。
最近の傾向から見ると細く感じて不思議な感じです。
ロッカーなので板の長さもあまり気になりません。
小回り機が嫌いな妻も乗れている扱いやすい板のようです。

ReIsm SL-C

e614c830.jpg

初めて乗ったときには衝撃を感じた板でした。
こんなシンプルな作りなのに、なんて汎用性が高いんだろうと感じたものです。
プチ改良があったというので乗ってみましたが、この板はかなり痛んでいるので古いものかもしれません。
乗り味は相変わらずのハズですが、こんなに軽い滑りの板だったかなぁ。
粉雪とザラメ雪の違いなんでしょうか。

atomic redster S9i

c8e19d79.jpg

本命のS9iです。
今日は身体がキレッキレということもあると思うのですが、トップスピードに持って行く途中でトップがバタつき始め、ちょっとガッカリしました。
まあ、小回り機で中回りをしようとしているのですからそうもなるでしょう。
もちろん、小回り用なので操作性はかなり良いです。
しなやかに弧を作っていけるのは、自分が上手くなったように錯覚してしまいそうです♪
Rは12.7ですが、無理矢理に小さく回らされている感もない扱いやすさでした。
GかSかは、自分の滑走スタイルの差になると思います。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
QRコード
QRコード