100221蔵王

滑走面2本目

http://sky.geocities.jp/gere_mb0708/
「クラフティワックス研究所別館」
http://sky.geocities.jp/gere_mb0708/lab-index.html
p1006572

このような醜態を晒すのは残念無念なんですが、例の試乗板です。
滑走面が古いので、ワックスの吸収が悪くなっています。
普通に使っている人たちのことを考えると、こまめに滑走面を剥いたりすることも少ないと考えて乗り続けています。
今年おろした1本目同様に、リムーバーの使い過ぎかフッ素が残っていることが考えられます。
先週は、ベースを入れる前にブラシとファイバーテックでかなり磨いたのですが、あまり成果は感じられなかったですね。(ガッカリ)
滑走面が古くても、ベース(軟中硬)&滑走を繰り返すと、黒光りする板が出来上がるのですが、ベース1回というのもきっとダメですね。

こんなビンディング下が白くなっている板ですが、滑走感はビンビンで、白くなっているところを触ってみても、同じくツルツルでケバが感じられません。
クラフティにはベースなんか要らないのか?
このまま簡単なメンテ程度を続けて、連戦の荒行に持っていく予定です。

滑走面1本目

http://sky.geocities.jp/gere_mb0708/
「クラフティワックス研究所別館」
http://sky.geocities.jp/gere_mb0708/lab-index.html
p1006570

アイロンでゼブラベースを作った板です。
10日ちょっと滑った板ですが、ビンディング下のエッジ脇が白くなるのは少々マシという程度。
テストに使っている板なので、毎回リムーバーを使っているためにワックスが乗りづらくなっているのか、フッ素専用のリムーバーではないので、フッ素がパラフィンを乗りづらくしているのかもしれません。
しかし、触感はツルツルでケバの気配さえありません。

また、暗くなったのでライトを付けて撮影したので見えづらいですが、滑走面はテカテカで、ZDsを塗ったほどではありませんが、自分が映り込んでいます。

スーパー銭湯テルメ




p1006597

樹氷ライトアップで遅くなったので、山形市内のスーパー銭湯テルメに来ました。
ここはさまよえる銭湯で、純水を使ったお風呂や薬草を使ったお風呂などいろいろなことをやっています。
ここ最近は、露天風呂がゲルマニウム、内湯の円形風呂が炭酸水素に落ち着いたようです。
どちらも嫌いではないので、嬉しいですね。

仙台麩




p1006596

商品名は仙台麩。
また揚げ麩となどと呼ばれてますが、私の中では「あぶらふ」です。
亡くなった母方の祖母が、私が好きだからと大量に送ってくれた懐かしい味です。
味噌汁に入れると、最高!

ゲレンデ




p1006595

駅舎の外に出ての樹氷。
かなり接近できます。
ロープの外に出て注意される人が後を絶ちません。

駅舎屋上3




p1006592

こちらはフニテルの出入口側。
暗いです。

駅舎屋上2




p1006591

こちらはゲレンデ側。
白色ライトなのでちょっと怖い。
樹氷の間をピステンが作業をしています。

駅舎屋上1




p1006590

屋上から地蔵岳方面。
こちらはカクテルライトに照らされています。

レストラン樹氷2




p1006589

遠くから見るとこんな感じ。

レストラン樹氷1




p1006587

ゲレンデに出たところ、除雪車が来ると言われて駅舎の中へ。
仕方なくファーストタッチは店の中から…。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード