120624吉野

吉水神社 弁慶の力釘

dsc_5442

吉水神社には、一時期、源義経主従や静御前が隠れていたそうです。
この石は、追っ手が迫ってきたときに、弁慶がこの石に素手で釘を打ち込んで追っ手を引かせたというものです。
見ると、石の上に釘の頭が2本見えています。

吉水神社 本殿

dsc_5441

正面には、御祭神の後醍醐天皇さまが祀られています。
また、その左には少し切れてしまいましたが、楠木正成さまと、後醍醐天皇をお助けしたこの寺院(昔はお寺だった)の吉水院宗信法印が祀られています。
たびたび書いていますが、明治時代の神仏分離令は厄介です。
とくに、こちらの御祭神は後醍醐“天皇”なので、天皇を仏式で供養するわけにはいかなかったようで、神社となったようです。

吉水神社 吉水院庭園

dsc_5439

小さいですが、りっぱな庭園です。
ここでも亀が甲羅干しをしていました。

吉水神社 一目千本

dsc_5438

「一目千本」と書かれたところからの景色。
すっかりと緑に覆われていますが、桜の季節にはとても良い景色だろうことは想像できます。
吉野の花見を開いた豊臣秀吉は、ここからの景色を見て多いに喜んだそうです。

南朝皇居 吉水神社

dsc_5437

吉野の歴史ともいうべき、源頼朝・後醍醐天皇・豊臣秀吉などと縁のある神社です。
商店街からは少し離れたところにあります。

東南院 多宝塔

dsc_5471

たいへんよく目立つ多宝塔です。
昭和の始めに他の寺院から移築したそうです。

東南院

dsc_5435

金峯山修験本院の別格本山という扱い。
開山は役行者です。

脳天大神

dsc_5430

dsc_5431

役行者像から455段降りると200m下ると脳天大神龍王院に着きます。
下りですがけっこうハード。
首から上の病に霊験あらたかだそうです。
細かなアイテムがいっぱいあるので良く見てください。

仏舎利宝殿

dsc_5427

金峯寺修験本宗初代管長の五條覚澄大僧正がインドに渡ったときに、ガンジー首相よりお釈迦様のご真骨を頂いたそうです。
それで、この仏舎利宝殿を建立しました。
通りすがっただけです。

南朝妙法殿 吉野皇居跡

dsc_5470

後醍醐天皇は、この地にあった実城寺を皇居として金輪王寺と名を変えたそうです。
しかし、後に廃寺となり、現在は南朝妙法殿が建てられて、周辺は公園に整備されたそうです。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。