190211野沢温泉

野沢温泉  スカイライン連絡ペア

DSC_7205

ここを合わせてあとリフト3本でいちおうは全リフト制覇(カンダハーと真湯は除く)なんですが、時間はギリギリです。
レストハウスやまびこに入ってしまうと、優雅なランチになってしまいます。(爆)
やまびこフォーの方はかなり厳しいと思うのですが、せめてやまびこ第2フォーくらいまではたどり着きたいと思っています。
その気持ちを汲んでか、スカイライン連絡もちょっと早めに動いています。

野沢温泉  長坂ゴンドラ

DSC_7202
DSC_7204

長坂ゴンドラ湯の峰駅の外観です。
途中で曲がるポイントに作られています。
すべてを知っているわけではありませんが、ゴンドラにこのような中間駅を持っているところがいくつかあります。
上手く使えばいろいろなバリエーションがゲレンデに広まると思うのですが、多くは中間駅は曲がるポイントにしかならず、ゲレンデに広がりを持たせることには失敗しているように感じます。

野沢温泉  水無ゲレンデBコース

DSC_7201

もう少し滑りたかったのですが、やまびこにも行きたいのでこれで移動。
ちょっと残念。
改めて好きなコースだなぁと思います。
後ろ髪を引かれる思いで水無はラストです。

野沢温泉  水無トリプル

DSC_7199

なんともやっとたどり着いたという感じです。
ここ数年、長坂ゴンドラから見ていただけでした。
春にはレーサー用に解放されているので、指をくわえて見ているしかありませんでした。
リフトは速くもなく、遅くもなく。
両側のコースが好みなので、余裕で10本くらいまわせるでしょう。

野沢温泉  水無ゲレンデAコース

DSC_7198

牛首・黒鞍方面に行ってしまうとやまびこに行く時間が無くなってしまうので、まずは無難にAコース。
自分にしては比較的探り探り。
コースが把握できれば、気持ち良く楽しめそうなコースです。
エッジも気持ち良く噛んでくれるので、もう少しまわしたかったです。

野沢温泉  湯の峰B

DSC_7197

道を間違えると、牛首・黒鞍に降りていってしまうので慎重になります。
ここは分岐で、右に行けば湯の峰ペアの乗り場や、長坂ゴンドラの中間駅の湯の峰駅に繋がっていきます。
左に行くと水無リフトや牛首・黒鞍に向かいます。
ここらへんはすっかりと忘れてしまっています。

野沢温泉  湯の峰ペア

DSC_7196

とりあえずリフトがあったので乗ってしまいました。
このあたりは孤立してしまっているのでほとんど人が居ません。
もう少し時間があったらゆっくりしたかったのです。
このリフトも何本かまわしたかったです。

野沢温泉  ぶな林コース

DSC_7194

水無ゲレンデに向かいます。
すっかり滑っていないのですが、前に滑ったときにも好みのコースで面白かった記憶が濃いのです。
そこに向かうには、上の平ゲレンデを少し降りていき、左に折れる道に入り込んでいきます。
連絡の林間コースのようになっています。
やまびこエリアまで来ると雪はフカフカです。

野沢温泉  レストハウスやまびこ

DSC_7193
DSC_7192
DSC_7191

3連休最終日だけに、少し時間を外して遅くしたのに混雑していましたが、運良く席を取れました。
ここに来たらピザ!
しかし、最近気に入っている生野菜と生ハムのピッツァは無くなっていました。
マルゲリータと悩んだのですが、ベーコン&オニオンピッツァを注文することにしました。
それと生ハムのサラダ。
サラダはぎゅうぎゅうに押し込められてしまっているので、ピザを食べたあとの皿に広げて食べた方が美味しいと思います。
これ以上食べると、昨日のようにお腹がパンパンになってしまいそうな気もするのですが、野沢菜ガーリックステーキライスも頼んでしまいました。
前よりも丁寧な作りになっています。
肉の焼き具合も良く、食べてよかったと思います。
レストハウスやまびこが家の近くにあったら通ってしまいそうです。(笑)

野沢温泉  上ノ平フォー

DSC_7188

上の方のゲレンデは、フード付きクワッドなので天気が悪くても多少風が強くて寒くても安心です。
ただ、遅い…。
いつでも遅いんですね。(苦笑)
お腹がすっかり空いてしまったので、このままレストランやまびこに直行です。
記事検索
タグ絞り込み検索
カテゴリー
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。